ブログ | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ

院長ブログ


イスに座ると足がシビレる!坐骨神経痛の原因|楽な座り方
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

イスに座ると足がシビレる!坐骨神経痛の原因|楽な座り方

皆さんこんにちは・今晩は!姿勢から坐骨神経痛を改善へと導く千葉市たくみ整体院のキムラです。今回はイスに座り足のシビレが出た時の坐骨神経痛症状の原因と、楽な座り方について解説します。

 

 

イスに座るとお尻・ふとももシビレの原因

イスの形状でも違いますが一般的に座る時のポジションを運動生理学的では『腰椎やや屈曲位』『骨盤の後屈』『股関節の屈曲』『膝の屈曲』『足の背屈』と言います。今回しびれの原因を座る時の姿位により、原因の判断基準になるので解説したいと思います。

 

 

真っ直ぐ姿勢でシビレが出る人

もし、イスに真っ直ぐに座る姿勢(腰椎はやや前弯)の時に、お尻や太もものシビレが強くなる・出る人は、上半身(腰椎~胸椎)に問題があると思われます。このような人は真っ直ぐ座る(腰椎屈曲伸展0°)とシビレを感じてしまうので、病院・整形外科のMRI・CTスキャン検査などで疑われる疾患を見てもらいましょう。

 

 

疑われる疾患

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管に腫瘍
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎圧迫骨折

 

などの疾患になっている可能性があります。腫瘍や重度のヘルニアであれば、手術された方が回復は早いです。また排尿・排便障害、足の下垂足(足のマヒ)が出ていれば手術が早急に必要です。

 

足のシビレを改善するには?

 

もし上記に疾患であったとしても、腰椎・胸椎の湾曲を正しい位置に戻すか、イスに座る時に『一工夫される』と神経の圧迫を避けられることがあります。

 

改善の見込みが有る疾患

  • 軽いヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 軽い腰椎分離症
  • 変形性腰椎症

などは、手術されなくても予後の回復が良いケースもあります。その一工夫とは

 

『あぐら』や『正座』で楽になる

イスに座って、シビレ・痛みをお持ちの方は

 

イスの上で『正座』をする

 

 

イスの上で『あぐら』をかく

 

 

 

足を組んで座るとシビレを感じる人も

 

  • お尻が硬くなりシビレが出る
  • 太ももが硬くてシビレが出る
  • ヒザ裏が硬くてシビレが出る

 

股関節の動きが悪いか、お尻・ふともも・ヒザ裏周囲の『筋肉の緊張』『筋膜・皮膚のツッパリ』によりシビレの原因として挙げられます。

 

 

お尻・太ももが硬くなる原因は

 

イスに座る時は『股関節屈曲位』なおかつ『股関節が内転・内旋した状態』です。股関節・内転・内旋(ないせん)はお尻・太もも周りの筋肉が伸ばされた状態になります。

 

 

股関節の内転・内旋した状態で長時間イスに座るとお尻の梨状筋(りじょうきん)や太ももの大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の下ある坐骨神経を圧迫します。

 

足のシビレを強くする座り方

  • 膝を付けて足を広げて座る

太ももの外側に筋肉・お尻の内側が硬くなる

 

 

  • 足を組んで膝を締めて座る

太ももの内側に筋肉・お尻の外側が硬くなる

 

 

足のシビレを楽にする座り方

イスの上であぐらをかくか『股関節屈曲120°』『股関節の外旋40°』足首を片方の膝上に乗っける座り方があります。この状態で座ると、お尻・太もも・ヒザに負担を掛けることが少ないです。

 

  • イスの上であぐらをかく

イスの幅が広ければあぐらをかいて下さい

 

 

  • 足首を片方の膝上に乗っける

膝を下に押しつけ過ぎると太もも外側・お尻が強くストレッチされます。ほどほどに!

 

 

あぐらで座る時のポイント

股関節が硬い人は、体が後ろに倒れてしまい『骨盤の後屈』『腰椎の前傾』で背中を丸くなってしまうので、少しお尻に高さ(5~8cm)を付けてあげましょう。

 

 

イスの上で正座をすると楽な人

 

普段イスの上で正座をする人は少ないですが、イスの上で正座をすると足のシビレが消える人・楽になる人は『仙骨の突き上げが無くなり』シビレが解消された状態です。

 

 

仙骨の突き上げとは

通常イスに座る・車に座るなどを長時間されていると、骨盤の歪みが生じてしまいます。骨盤の歪みは『仙骨』と『腸骨』のひずみによるものです。骨盤は三角形の関節面になっているので、尾骨から仙骨にかけ骨盤が歪みます。

 

 

円座で突き上げが解消

正座をして座ると楽な人は、骨盤の歪みでお尻・太ももがしびれます。その様な人は穴のあいた座版をイスの下に敷くと、正座をしなくてもシビレが解消されますので参考にして下さい。

 

 

最後に!

イスの座ると足にシビレを感じる時は、座り方を工夫されるとストレスも軽減されます。ただシビレを改善するには座り方を変えるだけでなく、歩行も変える必要があります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。あなた様がいつまでも健康でありますよう心よりお祈り申し上げます。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

イスに座ると足がシビレる!坐骨神経痛の原因|楽な座り方

千葉市たくみ整体院

詳細はこちら

寝方によって坐骨神経痛になる人! 体を休めている時こそ大事
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

寝方によって坐骨神経痛になる人! 体を休めている時こそ大事

千葉市幕張で生活習慣から坐骨神経痛を改善しておりますたくみ接骨院のキムラです。今回は寝方によって坐骨神経痛になりやすい人のお話しをしたいと思います。

 

 

坐骨神経痛になる人は寝方から変えよう!

寝方によっては坐骨神経痛や

腰痛シビレの原因になります

 

十分に睡眠を取っても坐骨神経痛になる?

 

普段私たちは一日の終わりに体を休めるため睡眠を取ります。睡眠は明日の活力を取り戻す大事な時間です。でも朝起きると体がだるい・重たい人は、寝方が悪かったり・十分な寝返りをされていないと坐骨神経痛になる可能性があります。そのような人は特に今回の内容をご自分で落とし込んでください。

 

朝起きて体が疲れる寝方とは?

朝起きた時に体がだるい・重たい人は寝方が悪いのか?多くの方の寝方をお聞きしておりますが、結論から言うと寝方が悪い人より『体を動かさない』ことで、体が疲れたり・重かったり・だるくなったり、坐骨神経痛になる方が多いようです。

 

もちろん寝方が悪い人もいますので、どのような寝方をすると良いのか触れたいと思います。

 

理想の寝方|横寝で寝る時のポイント

 

理想の寝方は『横寝で寝る』ことです。横寝の時のポイントは2つあります。

 

①体を捻り過ぎない様に寝ましょう

横寝で寝る時のポイント①は体をねじり過ぎないことです。抱き枕を胸辺りに当て抱くことで体の捻じれが少なく、しっかり肩幅がキープされます。横寝は腕の重さで前に肩が巻いていきます。肩が前に巻かれると『脇の下が圧迫されやすい』です。

 

 

また体の捻じれを少なくすると『腰骨のねじれ』が補正されます。片方に捻じって寝ていれば、神経の出口を圧迫されやすいので坐骨神経痛なりますので、胸に枕を抱いて寝返りも頻繁にして下さい。

 

②膝に枕を挟み少し曲げ寝よう

横寝で寝る時のポイント②は膝の間に物を挟み少し曲げて寝ましょう。膝に物を挟まないと、股関節が内旋(ないせん)しやすいです。股関節の内旋は『足の付け根の神経を圧迫しやすい』坐骨神経痛症状になるので、膝の間に枕を挟んで寝てください。

 

 

理想の寝方|仰向けで寝る時のポイント

 

人によっては仰向けで寝る方が楽な人もいます。仰向けで寝る時のポイントは

 

肘にタオルを敷き寝ましょう

仰向けに寝る時は腕の重さが体に影響を与えます。肘をそのまま伸ばして寝ている時・肘を曲げてお腹に手を乗せて寝ている時、腕の重さで肩が前に巻かれます。

 

また肩甲骨や背中の筋肉の影響により坐骨神経痛になる事もあります。肘と肩の位置は出来るだけ水平を保つと良いので、タオルを二重位に折り曲げて肘当てをしてみてください。

 

寝具は沈まない方が良い

 

人は寝返りをすることで筋肉や関節の硬さをリセットしています。しかし寝具などで腰が沈んだり、頭が沈む枕で寝ていると寝返りが少なくなり、体が硬くなってしまい坐骨神経痛になります。

 

 

せっかく寝て体を休めているのに、寝具が合わなくて『全く寝返りしない』もしくは一日の睡眠で『数回しか寝返り』を打たない人は、是非寝具を固めにしてください。

 

寝返りのメリットについて

寝返りが多いと、首・肩・肋骨・背中・お腹・腰回りがほぐれていきます。筋肉や関節の緊張がほぐれ、朝起きると体がだるい・重たい・鈍い痛み・お尻が痛い・重たいなどの坐骨神経痛症状になりません。しっかり寝返りは出来た方が良いです。 

 

肋骨を柔らかくしましょう

私たちは普段デスクワークや動かない仕事などで、次第に肋骨の動きが悪くなり寝返りが打てなくなります。肋骨は胸と肩甲骨に沢山の筋肉でおおわれています。その一つでも硬くなると全体の筋肉が硬直してきます。深呼吸や体を捻じる体操で肋骨の動きは回復されます。この機会に肋骨もしっかりケアしてください。

 

最後に!

寝方によって坐骨神経痛になる人! 体を休めている時こそ大事について解説して参りました。あなた様がいつまでも健康的で幸せな生活が送れますよう、心よりお祈り申し上げます。最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

寝方によって坐骨神経痛になる人! 体を休めている時こそ大事

千葉市たくみ整体院

詳細はこちら

足のふくらはぎ・スネがつる原因|姿勢・骨格から特徴を姿勢整体師が解説!
  • カテゴリー: ふくらはぎ・スネのトラブル.net

足がつる人の姿勢・骨格について|年間1000人以上の姿勢分析をする整体師が解説

 

皆さんは『足がつる』と言うと、筋肉の痙攣(けいれん)をイメージされると思います。医学的には、腓腹筋(ひふくきん)の痙攣で、ふくらはぎが過剰に縮んだ状態を指します。今回は足がつる原因について、姿勢から皆さんの健康をサポートしている、千葉市幕張でたくみ接骨院をしておりますキムラが解説したいと思います。

 

姿勢・骨格からよく『足がつる』人の特徴

よく『足がつる』人の姿勢・骨格の特徴を4つほどあげたいと思います。

 

  • 背骨が丸い・狭い人
  • 骨盤の傾斜が悪い人
  • ヒザの屈伸が悪い人
  • かかとの位置が悪い人

 

当院へ来られた人の姿勢・骨格を見ると、実際はもっと細かく筋肉や関節を状態を診るのですが、今回は4つ程『足がつる』人の特徴を挙げてみようと思います。

 

背骨が丸い・狭い人は足がつる

 

背骨は32個の骨で出来ています。一つ一つ関節して、その中に脊髄神経が通ります。背骨が丸い人や背骨が狭い人は、脊髄神経の通り道を姿勢の崩れにより刺激を与えたり圧迫をすることで『足がつる』状態になります。では実際の患者さんの姿勢を見てみましょう。

 

背骨が丸い人の姿勢は

この方は80歳の腰が痛くて病院で変形性腰椎症と診断された人です。見るからに上半身が前のめりとなり、背骨がおじぎした状態です。背骨が丸くなると脊髄神経の出口を強く伸ばされた状態となります。常に背骨が丸い状態は神経を過剰に伸ばすので『足がつる』腰に痛みを感じやすい状態となります。

 

 

背骨が狭い人の姿勢は

背骨が狭くて腰痛を感じて当院へ来られた70歳の女性です。見るからにお腹を突き出しております。お腹を突き出す姿勢は下半身が前に位置しバランスを取ろうと上半身が後ろに傾いていきます。この状態で腰が反れ背骨が狭くなります。背骨が反れた状態は脊髄神経の出口を圧迫します。神経の圧迫は腰痛や『足がつる』などの症状が出ることがあります。

 

 

背骨が丸い・狭いチェック

立った状態で壁に寄りかかる方法:確認する時(踵・お尻・背中・頭)をしっかり壁に付けましょう。腰に手の平が1個分ぐらい入るのが理想だと言えます。

 

 

骨盤の傾斜が強い・弱いと足がつる

 

骨盤は体の中心的な存在です。骨盤のゆがみ・左右の高さが違うなどで色々な体の不調を生じる場所でもあります。ではこの骨盤の傾斜と『足がつる』の関係性について触れてみたいと思います。

 

骨盤の傾斜が強い

骨盤の傾斜の理想は約25~30°と教科書で教わりましたが、実際のところ骨盤の傾斜が強い人でも20~25°位の傾斜です。傾斜が強い人は重心が前にかかるので、足のスネ辺りに力が入りやすい状態となり『足の外スネがつる』ことがあります。この方でも左が21,7°なので教科書で教わった内容とギャップがあります。

 

 

骨盤の傾斜が弱い

逆に骨盤の傾斜が弱い人は5~10°位の傾斜かなと個人的に思います。傾斜が弱いと重心が後ろにかかるので、ふともも・ふくらはぎ辺りに力が入りやすい状態となり『足のふともも裏・ふくらはぎがつる』ことがあります。

 

 

骨盤傾斜角度について

ご自分で傾斜をチェックポイントは、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)と後上腸骨棘(こうじょうちょうこつきょく)を結んだ線と、恥骨(ちこつ)と股関節を結んだ線の交わるところが骨盤傾斜角度になります。解剖学では傾斜角度30°前後が理想とされておりますが、当院の姿勢分析で大勢の方を見ると15~18°位の人が一番体に負担が出ないと感じております。ご自身で測ることは困難なのでポイントだけ参考にして下さい。

 

 

 

膝の曲げ・伸びにくいと足がつる

 

膝の関節は平面的な構造をしているので、とても歪みやすい関節です。また股関節や足首の影響を受けやすく、膝の関節が悪いと他の場所に影響を与えます。よく膝の歪みでO脚・x脚などが例に挙げられますが、『足がつる』と、どのような関係があるのかお話しします。

 

 

脛骨が内側に捻じれ曲げにくい

膝の関節は大腿骨(だいたいこつ)膝蓋骨(ひつがいこつ)脛骨(けいこつ)からなります。x脚の人に多いのですが、前から見て脛骨が内側に捻じれると、膝裏内側の筋肉にストレスを与え続けて、膝がしゃがみにくかったり『膝裏の内側がつる』ことがあります。

 

 

脛骨が外側に捻じれ伸ばしにくい

反対にO脚の人に多いのですが、前から見て脛骨が外側に捻じれると、膝裏外側の筋肉にストレスを与え続けて、膝が伸ばしにくかったり『膝裏の外側がつる』ことがあります。

 

 

膝の隙間をチェックしよう

足がつる・つらないに限らず、膝はすき間が少ない方がよいですし、歩くと膝がこすれる人はかなり膝の捻じれがありますのでチェックしましょう。

 

チェックポイント

立った状態両くるぶしを付けて膝を伸ばします。指が入らなければ正常範囲です。逆に両膝がつくけど、内くるぶしが離れてしまう人はx脚になっています。

 

 

踵の位置が悪いと足がつる

 

かかとは歩く時・立つ時・移動する時、全ての生活に対し体重がかかる、とても大切な場所です。足の関節は脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)・距骨(きょこつ)・踵骨(しょうこつ)からなり、足の関節は2つあります。距腿関節(きょたいかんせつ)と距骨下関節(きょこつかかんせつ)です。

 

 

今回はかかとの部分(距骨・踵骨)距骨下関節について最後に触れたいと思います。

 

 

 

踵の位置が外側になる人

踵から見て外側にある状態を『過回内位』運動学では『足首の外返し』と言います。足首の外返しは、内くるぶしに強いストレスを与えます。この状態で歩いたり生活をされると、足首を曲げる筋肉ふくらはぎに負担をかけ続けて足のふくらはぎは・スネがつる』状態になります。

 

 

踵の位置が内側になる人

踵から見て内側にある状態を『過回外位』・運動学では『足首の内返し』と言います。外くるぶしに強いストレスを与えます。この状態で歩いたり生活をされると、足首を反る筋肉スネの外側に負担をかけ続けて足のふくらはぎは・スネがつる』状態になります。

 

 

踵は歩き方により歪む

足首をケガされた人以外に踵の歪みが生じている人は、ほぼ9割近く歩き方により踵が歪んでいると思って下さい。足首の靭帯が緩くなった人も踵が歪むのでしっかりとケアしましょう。

 

踵の歪みを改善する方法

ご自分で踵の歪みを改善する方法としては

  • 歩き方の癖を正すこと
  • 足首を頻繁に回すこと

 

歩き方の癖を治すには

  • 出来るだけ指先を正面に向けましょう
  • 歩幅を広くして歩くのは止めましょう
  • 踵の角で着いて歩くのは止めましょう

 

足首を回すポイント

  • 踵が外側の人・・足首を内返しに回す
  • 踵が内側の人・・足首を外返しに回す

 

最後に!

今回は足がつるについて姿勢・骨格から解説して参りましたが『足がつる』状態は体の何らかのサインです。内科的な要因もありますので、しっかり専門的に見てもらえる医療機関・治療院へ相談してください。最後までお付き合いいただきありがとうございます。あなた様がいつまでも健康で幸せでありますよう心よりお祈り申し上げます。

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

年齢は特に余り関係ありません。

治す気持ちと行動力で良くなります!

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

足がつる人の姿勢・骨格について

千葉市で年間1000人以上の姿勢分析をするたくみ接骨院

詳細はこちら

問診・動作確認から分かる、坐骨神経痛症状・原因について
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

問診・動作確認から分かる、坐骨神経痛症状・原因について

皆さん問診・カウンセリングってとても大切なんですよ!こんにちわ・コンバンワ!姿勢から皆様の健康をサポートしております、たくみ接骨院のキムラです。今回は問診と動作の確認から坐骨神経痛症状の原因を導き、お尻の痛みが改善された千葉市在住の患者aさんのお話をしたいと思います。

 

 

坐骨神経痛で痛みが出る人へ!

 

普段私たちは日常生活の中で何気なく動いております。体を捻ったり・歩いたり、健康的な人であれば腰やお尻が痛くなることもありません。しかし体の何処かに不具合が生じると、体を捻る時・歩く時に痛みを感じてしまいます。まずは何処に不具合が生じて痛くなるのか触れてみたいと思います。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛で痛む場所

  • ①背骨による痛み

  • ②骨盤による痛み

  • ③筋肉による痛み

 

などが挙げられます。もちろんこれ以外にも、足首・膝・股関節・肩甲骨・頭蓋骨などに問題が潜んでいることもあります。

 

今回は実際に来られたお尻の痛い患者aさんをモデルに、問診と動作の確認をおこないどこが悪いのかお話しします。

 

お尻が痛いAさん

当院へ来院されたAさんはどのような経緯でご来院されたのか。まずは問診で原因特定の参考となるポイントを幾つかお話しします。

 

お尻の痛みAさん問診をすると!

 

初めましてAさん

今日はどこに痛みを感じますか?

 

お尻が痛いです

 

お尻ですね!

 

 

お尻はいつから痛いですか?

 

2週間前にお尻が痛なり、1週間に足が重たくなりました

 

そうなんですか!足にも痛みが~

 

 

歩く時にお尻以外に痛みはありますか?

 

膝の曲げ伸ばしが若干良くないです

 

膝にもですか!

 

 

今回痛みで病院・整形外科は行かれましたか?

 

ハイ2週間前に1度病院へ行き、レントゲン検査とお薬を貰いました。

 

そうですか薬も飲んでいるんですね!

 

 

レントゲン検査ではどこを撮影されましたか?

 

腰を撮影してもらい、特に骨に異常は無いと言われました

 

骨は大丈夫だったんですね!

 

 

歩く以外どこか体に違和感・痛みを感じますか?

 

後ろの物を取ろうとした時寝返りをした時に腰に痛みがでます。

 

腰も痛いんですね!

 

 

腰の痛みはいつからありましたか?

 

半年前から違和感を感じ、2ヶ月前から動かすと痛みを感じていました

 

ハイ、分かりました。では検査しましょうね!

 

問診結果、腰に問題有り?

始めはお尻の痛みを訴えご来院されたAさんですが、時系列でお体の状態を問診すると半年前から腰に違和感を感じ、2ヶ月前から動かすと腰に痛みを感じていた事が分かります。この段階で腰周辺に問題がありそうな感じも見受けられます

 

病院では腰骨に異常が無かったのですが、果たして本当なのか?そこで動作の確認でさらに原因を探していくことにしました。

 

 

お尻の痛みAさん動作の確認

 

病院の画像診断では腰骨の原因は見当たらなかったですが、当院は痛みの原因をしっかりと探るため『少しだけ痛みの動作』をしてもらいます。この作業を怠ってしまうと、どこを治療したらよいのか判断が付きません。では早速動作の確認をしていきます。

 

体を左に捻ってもらいます

体を左に捻る動作:上半身の動き、左の肋骨・右背中の筋の伸びはマズマズです。下半身の動き、腰椎4番目の関節・右腰の筋肉の動きが少し悪い状態になっていました。

 

 

体を右に捻ってもらいます

体を右に捻る動作:上半身の動き、胸椎5~12番の関節・右肋骨の筋肉・左背中の筋肉の伸びがイマイチです。下半身の動き、腰椎2~5番目関節・左仙腸関節・右腰の筋肉の動きが悪く、うまく体を右に捻れません。とても苦しそうな感じです。

 

 

画像診断で確定しない事

病院のレントゲン検査ではAさんの腰骨に異常は見られませんでした。カウンセリングでもAさんはお尻の痛みの訴えで来られています。

 

しかし動きの確認をすると腰や背中と言った場所に左右差があるのが確認できたと思います。病院での画像診断の結果はあくまでも骨は大丈夫ですと診断されたに過ぎません。

 

骨以外の腰回りの筋肉かもしれません。骨盤周りの関節かもしれません。病院では動きの確認を省いてしまう傾向もあります。初歩的は事を省略し画像診断に頼ってしまうと原因不明の坐骨神経痛と診断されたりお薬に頼る生活になってしまいます

 

 

最後に!

医療技術の進歩で科学的証明が進む中、ネット社会で情報も拡散されている昨今。医師は『患者さんでは無く画像だけ診てしまいがちです

 

ですのでもう少し患者さんの顔色・歩き方・脈・聴診器などを見てもいいのではないでしょうか。

 

我々は医師ではないので、逆に画像診断に頼らないスキルを身につける必要があります。

 

今回の記事が少しでもあなたのお役に立ち、健康で快適な生活を送っていただければ幸いです。

 

坐骨神経痛と整体について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

お子さん・お孫さんを抱っこしたり

ショッピング・お食事を楽しんだり

時には一人ブラっと一人旅をしたり

大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

トップページ

問診・動作確認から分かる、坐骨神経痛症状・原因について

千葉市幕張たくみ接骨院

詳細はこちら

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう
  • カテゴリー: 整体.痛み改善.net

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

千葉市幕張で体の不調痛みを体幹インナーマッスルから改善へと導くたくみ接骨院・整体院のキムラです。今回はお腹のインナーマッスルを回復することで、体の不調や痛みが改善するお話しをしたいと思います。

 

体幹インナーマッスルについて

私たちの骨格を支える筋肉は大きく分けて2つにわかれます。一つは表層の筋肉『アウターマッスル』と言われる部分と、深層の筋肉『インナーマッスル』です。インナーマッスルは解剖学では『固有筋』と言います。

 

私たちがお目にする筋肉は表層の筋肉『アウターマッスル』の筋肉です。これら表層の筋肉は容易に鍛えられます!

 

一方深層の『インナーマッスル』の筋肉は、体の奥にあるため中々トレーニングでは付きにくいです。インナーマッスルを鍛えるために必要なことは、姿勢を意識し骨盤・背骨の位置を整えることで、インナーマッスルが動かしやすい状態になります。ではこの固有筋(インナーマッスル)を細かく分けてみましょう。

 

 

お腹のインナーマッスルは3つ

 

主に体幹インナーマッスルと言われる部分はお腹と背中に分かれます。今回はお腹の固有筋について詳しく解説していきます。お腹の深層筋は細かく分けて3つ程あります。

 

大腰筋(だいようきん)

お腹のインナーマッスル一つ目の固有筋は大腰筋(だいようきん)です。大腰筋は腰椎の側面やや前から始まり、骨盤内を通り鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

小腰筋(しょうようきん)

お腹のインナーマッスルの二つ目は小腰筋(しょうようきん)です。小腰筋は胸椎の12番目と腰椎1番目の側面やや前から始まり、骨盤内の腸骨の前面に付きます。大腰筋と並行している小さな筋肉です。

 

腸骨筋(ちょうこつきん)

お腹のインナーマッスルの三つ目は腸骨筋(ちょうこつきん)です。腸骨筋は骨盤内の腸骨の前面から始まり、鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

体幹インナーマッスル固有筋の場所

 

ご自分で固有筋(インナーマッスル)を触る時には2か所触ることが出来ます。

 

大腰筋・小腰筋の確認場所

大腰筋と小腰筋は平行していますので一緒に確認します。お臍から3横指外側にあるスジばったところが大腰筋・小腰筋です。

 

大腰筋・小腰筋を触る時のポイント

触る時のポイントは力を抜いて背中を丸め、体を捻じるとスジばりを感じます。そこが大腰筋と小腰筋です。

 

腸骨筋の確認場所

腸骨筋は骨盤の内側にありますが、お腹が邪魔して一部しか触ることが出来ません。骨盤の骨側上部側面で触ることが可能です。

 

インナーマッスルと神経について

 

固有筋の近くには腰神経叢(ようしんけいそう)と言う神経が密集しています。この神経の束は大腰筋の下を通り抜け、お尻の坐骨神経へとつながります。

 

 

インナーマッスルが硬いと神経を圧迫

インナーマッスルが何らかの形で硬くなり、腰神経叢を圧迫するとそこから先に延びる坐骨神経に沿って、痛みや下肢のしびれなどを引き起こす事があります。

 

インナーマッスルと姿勢について

 

お腹のインナーマッスルと姿勢はとても大切な関係があります。お腹のインナーマッスルが弱くなると、姿勢が徐々に崩れてしまいます。当院ではインナーマッスルの機能が弱くなって、体の不調や痛みの患者さんを大勢見て参りました。そしてこのインナーマッスルの大切さを伝え、多くの患者さんを救って参りました。

 

機能低下で背骨の湾曲が悪くなる

先ほどインナーマッスルを解剖図で見ました。インナーマッスルは脊骨の横から骨盤内あります。当然インナーマッスル機能が落ちてしまうと背骨にも影響を与えます。背骨は頭から骨盤までキレイな背骨s字湾曲をしております。 

 

生活習慣が良くて運動をされていればインナーマッスルはしっかり働きます。

 

しかし多くの人は、長時間座る・歩く距離が短いなどで、インナーマッスルの機能が低下し背骨s字湾曲も失われてしまいます。

 

 

 

年齢は余り関係ありません

皆さん年齢を気にする方が多いようですが、加齢によってインナーマッスルが弱くなる人は、生活習慣・歩行で背中が徐々に丸くなる方が大半です。

 

若い人でもインナーマッスルが弱い人は沢山いらっしゃいます。インナーマッスルをしっかり整えることは、姿勢悪化を止め固有筋の緊張もなくなり体の歪もリセットされます。

 

 

安心安全なインナーマッスル整体

 

皆さんインナーマッスルの重要性はご理解いただけましたでしょうか?お腹の固有筋と姿勢保持はとても大切な関係です。では最後に姿勢保持をする上でも大切なインナーマッスルをどのように整えるのか触れたいと思います。

 

整体前後の歩行を確認

インナーマッスルの整体をする前に確認動作が必要です。それは歩行です

 

正しい歩行が出来ていないと、いくらインナーマッスルを整体で整えても元に戻る可能性が高いからです。歩行は体の前後の筋肉や股関節に働き、しっかりと姿勢バランスを保たれます。

 

 

歩幅が広すぎたり・前のめりで歩いたり・指先が外内に向いて歩くと、体の前後の筋肉がうまく使われなくなり、歩行中バランスを崩すか・常に支えるためインナーマッスルが緊張してしまいます。

 

 

歩行が悪いと色々な体の不調や症状も出てしまいます。しっかり正しい歩行をマスターしましょう。

 

 

重心バランスを確認する

歩行の次に大事なのは重心バランスです。人は絶えず立つ時も座る時も体の軸でバランスを取っています。もし、インナーマッスルが緊張したり退化してしまうと、重心のバランスを保つことが出来なくなり、体に悪い影響を与えます。

 

 

そこで当院では体重計を2つ用意し体重の左右差を確認します。

 

 

体重差を理解できると、筋肉バランス・姿勢保持・歩行がスムーズになります。当院では整体を受ける前に、歩行の確認・体重の左右差をしっかり意識する事を心掛けています。

 

大腰筋・小腰筋の整体術

大腰筋の整体術は、お腹に一定の圧を加えていきます。大腰筋は強く抑えると気持ち悪い・胸やけ・食欲不振を招く恐れもあります。消化器系(胃・小腸)などの奥にありますので、より一定の圧と骨盤の捻じれを利用し大腰筋を整えます。

 

骨盤の捻じれを利用した整体術

お臍の3横指前面の部分を手の腹で抑え、大腰筋(背骨側面から股関節辺り)を内側に捻じりながら、両ひざを倒していくのがポイントです。

 

腸骨筋の整体術

腸骨筋の整体術は大腰筋とは異なり股関節を曲げて息を吐きながら整えていきます。腸骨筋も消化器系(膀胱・大腸)の奥にありますので、一定の圧と呼吸を利用し腸骨筋を整えます。

 

 

呼吸を利用した整体術

骨盤内の骨側2横指前面の部分を手の腹で抑え、腸骨筋(骨盤上部側面から股関節辺り)を呼吸に合わせながら、両ひざを胸に倒していくのがポイントです。

 

 

体がポカポカ・お腹もスッキリ

インナーマッスルを整体で整えると、姿勢保持・体重バランスが保たれ・歩行をスムーズになります。それ以外に当院の整体を受けられた方にお聞きすると、

 

  • 血のめぐりが良くなった
  • 体ポカポカ気持ちよさを
  • お腹がすくようになった
  • 便秘・生理痛が前と違う

 

 

など整体後2週間ぐらい体の調子が良いと喜ばれております。もちろん個人差がありますので参考程度にしてください。

 

整体後は体が戻らないの?

整体後はどんなに良い生活をしていても戻る可能性はあります。なぜなら体が覚えているからです。当院では戻りを最小限にするため、歩行・座り方・エクササイズをしっかりご案内します。

 

 

お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

県外からも多数ご来院

トップページ

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

千葉市たくみ整体院

詳細はこちら

PAGE TOP