むちうち症状経過ごとの傾向と対策|千葉市幕張のたくみ接骨院 | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> むちうち症状経過ごとの傾向と対策|千葉市幕張のたくみ接骨院

ブログ

むちうち症状経過ごとの傾向と対策|千葉市幕張のたくみ接骨院
  • カテゴリー: むちうち症状.ムチ打ち症.net

むちうち症状経過ごとの傾向と対策|千葉市幕張のたくみ接骨院

千葉市幕張で、むちうち症・首の痛みトラブルを解消へと導く、たくみ接骨院キムラです。今回はむちうち症状の経過ごとの傾向と対策をお話し致します。

 

注)本ページを読まれる前に

本ページに記載されている内容は、一般的な知識として覚えておいた方が良いものであり、治療を受けるかの判断材料ではありません。また症状や時期に付きましては個人差(年齢・性別・柔軟性・体のゆがみets)もあり必ずしも一致するとは限りません。あくまでも参考程度として見ていただければ幸いです。

 

むちうち症について

むち打ち症は、何らかの形で急に首を捻る・首スジを伸ばす・ぶつけるなどで、筋肉・関節・神経・毛細血管を傷つけた結果、色々な症状(炎症・疼痛・関節制限・めまい・しびれ)が起こします。これらむちうち症は早い時期に出る症状と、後から出てくる症状があります。

 

 

むちうち症状【急性期10~20日前後】

痛めて数日から10日前後のむち打ち症は、首周辺に(熱感・痛み・首の制限)などの症状が強く出る場合が多く、当院でも施術する時は出来る限り刺激を少なくします。アイシング・冷シップ・超音波などで炎症を抑えることもあります。皆さんがこの時期に注意すべき点を3つほどお話し致します。

痛いところを触らないこと!

むち打ち症で痛い所を手で触られたりします。なるべく痛くても手で痛めた場所を触るのは止めましょう。例えば虫歯の治療中、歯に穴をあけて仮詰めをしたとします。舌でいじっていたら仮詰めが取れ痛くなったりされますよね。むち打ち症も同じです。痛いところを手で触ると筋肉が緊張し痛みが悪化する恐れがあります。痛めて数日から10日前後は気にして手で触らないことです

急に首を動かさないこと!

これもよくあることですが、首を動かさないと関節や筋肉が硬くなってしまうのでは?と思います。確かにそのまま10日間以上首を動かさなければ硬くなります。ただし、むちうち症の初期(数日~1週間)は急に首を動かさず安静にしましょう。体がそれ以上動かしてはいけないと、自ら教えてくれおります。痛めて1週間前後は無理に首を動かさないことです

血流を良くしないこと!

むち打ち症は、何らかの形で筋肉・関節・神経・毛細血管を傷つけています。首周辺は炎症が強く出ています。炎症がある時に、湯船でゆっくりと入浴されますと炎症が強くなります。また痛くて眠れないからとアルコールを摂取されると、痛みの原因物質(ブラジキニン)が血管内に充満します。痛めて1週間前後は入浴・アルコールは控えましょう

 

むちうち症状【修復期20~40日前後】

痛めて数日から20日前後のむち打ち症は、首周辺に(重い痛み・首の制限)以外にも肩周辺の動き・痛みなどの症状が強く出る場合が多いです。当院では炎症時期を終えた方に、軽めの運動療法や自宅で簡単におこなえるエクササイズをご案内していきます。皆さんがこの時期に注意すべき点を3つほどお話し致します。

筋肉を伸ばし過ぎないこと!

むち打ち症で炎症時期を終えた方は、まだ痛くて首が動かせません。これは筋肉の緊張によるものが多いです。これらを解くためには軽く首筋を伸ばす必要があります。ただここで大事なことは、どの程度筋肉を伸ばしたら良いのかです。ここでは個人差・年齢差・柔軟性・ゆがみなどありますので触れませんが、目安としては軽く呼吸を吐きながら気持ち少し痛いな~と感じる程度で十分です。まちがっても一気に首を伸ばし過ぎないでください

強く揉みほぐさないこと!

むち打ち症を自分で早く治そうと強く首筋の筋肉を揉みほぐすと返って悪化します。特に指圧・強めのマッサージを好む方に多いのですが、強く揉みほぐすと筋繊維を痛めやすいです。また筋肉には筋紡錘(きんぼうすい)と言うセンサーがあります。筋紡錘は一定の刺激で無条件に筋肉を伸び縮ませる役割があります。この筋紡錘に強い刺激が加わると筋肉が反発し縮むため、より筋肉を緊張させ痛みを増幅させますので強く揉みほぐす行為はやめてください

痛みがないから大丈夫?

むち打ち症の修復期、痛みが無くなって大丈夫だと勘違いされる方が非常に多いです。残念ながらこの修復期を見過ごして生活されていると慢性化する傾向にあります。自分は大丈夫だ!』と思わずに体と向き合う良い機会です。痛みのある程度落ち着いた人は『痛みを作らない』体つくりをしてください。

 

むちうち症状【慢性期3ヶ月以上経過】

むち打ち症の慢性期の症状は、鈍痛・首の動き制限・めまい・しびれ・頭痛・肩こりなど多岐にわたります。当院ではこれら慢性化された方に、体の柔軟性と姿勢の重要性をご案内しています。どうすれば痛みが出ないのか・どうすれば楽になれるのかなども最後にお話ししたいと思います。

体の柔軟性は年齢と比例しない

むち打ち症の慢性期の症状を改善させるには体の柔軟性が必要です。もちろん全ての人に言えることではありませんが、むち打ち症はとっさに起こったケガで重症化・慢性化する人ほど体が硬い傾向にあります。年齢はあまり関係ありません。10代でも硬い子もいますし、80代でも柔らかい人もいます。体の柔軟性が高い人ほど回復も早く・ケガのリスクも低くなりますので『年だから』とあきらめないでください。

頭の位置と姿勢の関係

もう一つむち打ち症の慢性期の症状を改善させるには頭の位置と姿勢が大切です。頭の位置は体の中心線に近いほど良いです。むち打ち症で重症化・慢性化している人ほど頭の位置と姿勢が崩れている傾向にありますので、ご自分の姿勢が悪いと感じている方はしっかりとした専門院でチェックしてもらうことも大切ではないでしょうか。

 

痛くない楽な生活を送るには

これまでむちうち症の急性期・修復期・慢性期とお話しさせていただきました。炎症があればアイシングでも痛みは緩和します、筋肉が硬くなっていれば、軽いストレッチでも緩和されます。ただ人の手を借りることも大切です。どんなに頑張ってもご自分で出来ることは限られています。むちうち症はむやみに動かしても悪化しますので、ご自身の体を見つめ直す良い機会です。痛みのある人はまず『むちうち治療』に専念し、痛みのある程度落ち着いた人は『ムチ打ちにならない』体つくりをしてください。もし施術に関することやご不安な点がありましたら、無料LINE@でもHP問い合わせホームでもご相談下さい。

 

詳しくはコチラ≫むち打ち症の施術内容

 

当院の交通事故治療

 

むち打ち関連記事

 

むち打ちの不定愁訴とは

むちうちのメカニズム

むち打ち症の特徴について

 

交通事故関連記事

 

症状固定・後遺障害認定とは

病院・整形・接骨院の事故治療

上手な交通事故治療の通院方法

仕事中の事故・自賠責保険・労災?

 

ブログ著者

 

体の悩み相談

 

体の悩み相談はLINE@で可能です。2~3営業日に返信いたします。LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。予約キャンセル時にもご利用できます。

LINEはコチラ↓↓↓

ご予約について

 

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

 

トップページ

 

むちうち症状経過ごとの傾向と対策|千葉市幕張のたくみ接骨院

PAGE TOP